SEIRYU Publication
成隆出版
思想哲学 philosophy
論理的思考の手引き

好評発売中!

日常言語で考える
論理的思考の手引き

ゼロからスタート イラスト付き

大崎 博

本体価格 1,713円 (+税)

978-4-915348-87-7

サイズ A5判  上製  本文 146ページ

amazonで購入


日常生活の場から論理を取り上げ
日常言語を使用して分かりやすく論理を考える
予備知識なしで論理使用の基礎が学べる本

内容紹介
近年「論理的に考える」ことの大切が強調されるようになった。学校教育の場でも「論理的思考の育成」あるいは「論理的思考訓練の導入」が語られ、義務教育の場にも論理教育を組み入れようという動きが出てきている。
論理学、なかでも記号論理学は現代では数学との連関が極めて強いが、本来、哲学や科学とも深く連関している。本書はそうした問題圏から離れ、日常言語の使用と日常生活の場から論理を取り上げ直すことにした。これまでの論理学の範囲でいうと、伝統的な形式論理学が扱ってきた範疇に近いと考えられるかもしれないが、あくまでも日常言語での論理表現の側面を問題として取り上げた。
日常性における日常言語での思考を対象とし、そこで用いられる論理にはどういうものがあるか、それらの意味、規則について述べることが本書の主なねらいである。日常生活における日常言語での論理使用は常に曖昧性によって蔽われている。明晰判明で厳密に定義された日常言語での論理使用はごく稀である。数学を典型とする諸科学の概念使用に伴う論理は、それとは対蹠的に極めて明晰である。私たちが普段の生活で、仮に厳密な意味規定した言語の使用にこだわり、そのつど意味する対象を限定したりすれば、会話はぎごちないものになり、場の雰囲気は壊れ場合によっては他の人に嫌われることにもなりかねない。日常生活ではそこまでしなくとも、ある程度の曖昧さを含んだ言語使用で十分だからだ。日常言語を使用し、論理表現をする場合であっても、それほどの厳密さは要求されない。私たちは、特別の場合を除いてそれほど論理的曖昧性を問題にしないし、それで不自由はない。日常の会話では、言葉は瞬間ごとに流れて消えてしまうからだ。
しかし、ときにより曖昧性が問題になると、途端に話が紛糾することがある。人々の間にある意見の対立や論争は、アンリ・ベルクソンが指摘したように、言語の曖昧性から生ずることが多く、それを排除して論理を明晰にすればその多くは消失してしまう。したがって、日常言語で表される論理的表現を明晰にし、日常言語の論理的表現の特徴を理解することは、専門性を超えてとても大切である。
本書は、できるだけ平易に記述して数式や引用などは極力避けるようにした。また、話の内容に接近しやすくなるよう、各項目の冒頭に簡単なイラストを入れることにした。

目次
一 考えるとはどういうこと?
二 日常言語がもっている基本的な論理
三 意味を定めること
四 思考を形に表す
五 推理
六 いろいろな論証と論法
七 誤った議論のしかた

 

ベルクソンの道徳・宗教論

ベルクソンの道徳・宗教論

大崎 博 著

 

 

本体価格 2,800円 (+税)

ISBN978-4-915348-80-8

サイズ A5判  上製  本文 215ページ

amazonで購入

 ベルクソンの著作の出版は、遺言のとおり没後暫くの間は生前に許可されていたものだけに限定されていた。しかし、未公刊であったものが少しずつ活字に直されるようになり、1990年には、若きベルクソンがリセで行った講義録が編集されて大部な書物として出版された。
本書では、著作のうちでも主として『創造的進化』と『二源泉』を取り上げている。講義録との関連で言えば、道徳論の部分はベルクソンの全著作の時系列のうちの初めの位置にくるもので、『二源泉』との間にはかなり長い時間的な間隔がある。にもかかわらず、基本的な論理においてはあまり大きな齟齬はないように思われる。『二源泉』のうちに見られる先行道徳学説の短い批判的解釈がすでに『講義録』の中に、それももっと詳細な形で見出されることには驚きを禁じえない。講義録を読む限り道徳論もけっして『二源泉』において唐突に登場してきたテーマではないことがよく分かる。長い間、それもごく初期の段階からベルクソンのうちで暖められていたテーマではあったが、主題的に論じられるようになったのは『二源泉』に到ってであると考えたほうがむしろ自然な解釈であろう。
内容から見ると、ベルクソンの哲学の一つの特徴であるが、道徳論の論理展開においてもやはり二元的な構成法がとられている。対になっている閉じた道徳と開いた道徳という対照のうちに読み取れるのは、生成に重心を置くベルクソンのダイナミックな道徳思想である。ベルクソンが指摘しているのは拘束と強制の禁止道徳で、常に人々を権威と権力によって中心に向けて引っ張り続ける道徳である。この力の中心は共同態の根底から働いており、道徳は発生の当初から本質的にそうした性格のものであった。したがって、理念としての開いた道徳を目指すダイナミックな運動こそが実際の道徳が進んで行くべき道だということになる。そして、社会に新しい道徳を形成してゆくための衝撃力を与えることのできる人がベルクソンのいう道徳の「超人達」である。ベルクソンのいう絶対道徳が実現された時に現れるユートピア的な道徳の共同態は、約束の地ではないのである。前進の力は、われわれ個々人が自己の内面深くから紡ぎ出していく以外に生まれてこないという考えである。未来の道徳の共同態を構築していくための形成的運動のプロセスが現実の倫理・道徳である。これまでのベルクソン研究においては、ベルクソンの道徳論のこうした優れた特質にあまり光が当てられてこなかった。本書の道徳論の部分はこの点に焦点を絞って考察したものである。
本書全体の内容は、道徳論と宗教論は共に発生論的考察という最晩年のベルクソンの新しい視点と方法論によって論じられているという筆者自身の解釈に基づいて構成されている。従ってまた、本書はこうした解釈に基づいて、発生論的な視座からベルクソンの道徳論と宗教論を整合的に読み直し再評価しようとする試みである。その際、筆者が最も留意した点は、できるだけベルクソンの哲学に即してテクスト内在的な読解を行おうとしたことである。  (まえがきより)

論証と論理

論証と論理

大崎 博 著

 

 

本体価格 2,100円 (+税)

ISBN978-4-915348-58-7 C3010

サイズ A5判  上製  本文 160ページ

amazonで購入

 論理的思考の鍛錬と論理使用に磨きをかけるのに大切なのは、自分でさまざまな論理を駆使すること。本書は、論証の論理を構築する際に必要となる論理的知識の習得、論理学を応用していかに思考の論理的訓練を行うかという、実践的な課題に重点を置いています。構成は、論証とは、形式論理、命題論理、述語論理の4章構成をとっており、各章末には知識を確実にするための簡単な問題が付してあります。